カテゴリー:メンテナンス系
ホームPage 1 / 11

今回は【オナホのメンテナンス】です

 
 
「洗浄した後のオナホ内部の水分を吸い取るためのグッズ」である、「珪藻土スティック」をレビューしていきます

レビュー記事が無かったにも関わらずにこのサイトからのジャンプで売れたので「リクエスト反映」枠でもあります

 

 

こちらより大きく、使いやすいと感じた「オナドライ」のレビュー記事はこちら!

オナドライ:挿しこむだけでオナホの瞬間乾燥!珪藻土スティックを超えた!?【オナホのメンテナンス商品レビュー】

メンテナンスに便利な各種タイトルのレビュー記事はこちら!

 

 

 

この記事の続きを読む

 

 今回は「オナホのメンテナンス」に便利な「ベビーパウダー」系商品のご紹介です。

「開封したてのサラサラなオナホの感触」を長期にわたって保持するために必要なモノです。
 
2020/08/09 微修正作業開始 (元々は2019/10/21の記述です)
 
 
もうすこし↓から記事は始まります
 
 

この記事の続きを読む

 今回は【オナホのメンテナンス】検証記事です。

「A10サイクロンSA」や「オナホウォーマー」でおなじみRENDSから挿しこんで水分を吸い取る珪藻土製商品「オナドライ」をレビューしていきます。
なお以前レビューした類似他社製品である「珪藻土スティック」のレビュー記事はこちら!

当商品「オナドライ」は「大型据え置きオナホール」でのメンテナンスで実力を発揮!

オナドライ個別オナホレビュー記事アイコン大

簡易総評:圧倒的瞬間乾燥!珪藻土スティックの完全上位互換!?

 結論から言うとこちら、類似他社製品である「珪藻土スティック」よりも「乾くまでの時間が短い」という超優れモノ。
しかも1000円を超える「珪藻土スティック」とは違い、1000円未満で買えてしまうというコスパの良さも兼ね備える良作!
強いて欠点を挙げるとしたら「珪藻土スティックより太い」ためオナホールを裂いてしまわないかヒヤヒヤするという点のみ。

オナホール内部もこの「オナドライ」本体も挿入してもみもみするだけでアッという間に乾くので今後は「珪藻土スティック」よりもこちらが主戦力になりそうですね。

オナドライ:挿しこむだけでオナホの瞬間乾燥!珪藻土スティックを超えた!?【オナホのメンテナンス商品レビュー】


もくじ

オナホールの内部水分をきちんと吸い取る事の重要性とは?


 オナホールを洗浄した後に残る水分、こちらを放置しておくとカビの原因となりえます。
さらにオナホール内部にわずかに残ったたんぱく質などから雑菌が繁殖するかもしれません。「どうしても乾燥がめんどくさい」と思う方はせめて毎回使う「前」にも洗浄する事を心がけましょう。

「オナドライ」その外観

オナドライ外観
 隣に以前レビューした「珪藻土スティック」を置きました。「オナドライ」の方がかなり大きなスティックだとわかりますね。

使い方実践

 基本的に類似他社製品である「珪藻土スティック」と使い方は同じです。
すなわち
一:洗浄が終わったオナホールの内部をタオルで拭いて事前にある程度水分を取る。
二:本商品を挿入する
三:オナホールを揉み揉みして内部に残った水分を吸水させる
四:オナホールの内部の水分が乾燥したか確認する
それでは実践していきましょう

手順①:洗浄済みのオナホの内部をある程度拭いておく

オナドライ拭き
 基本事項です。「オナドライ」を突っ込む前にある程度拭いてください。

手順②:「オナドライ」を挿入♂する

オナドライ挿入
 ある程度拭き終えたら「オナドライ」を挿入♂します

手順③:オナホールを外部からもみもみして内部にのこった水分を「オナドライ」にしみ込ませる

オナドライ揉みこみ
 オナホを揉んで水分をしみ込ませます。

手順④:オナホ内部に指をイれて乾き具合を確認する

オナドライ確認
 実際に水分をきちんと拭き取れたかどうか、指をイれて確かめてみましょう。
乾き具合が気に入らなかったらこれまでの手順を納得いくまで繰り返します。

手順⑤:「オナドライ」の方をサッとふき取り、両者自然乾燥

オナドライ後始末
オナドライ後始末2
 「オナドライ」に付着した水分をサッとふき取り、オナホと「オナドライ」の両者をしばらく放置して自然乾燥させます。(ですが正直オナドライはあっという間に乾くのでこの工程は必要ないかも?)

最終総評:圧倒的瞬間乾燥!珪藻土スティックの完全上位互換!?

 おおむね「簡易総評」と同じ感想です。
やはり「珪藻土スティック」よりも「本体もオナホも乾く間での時間が早い」という使用感を得られます。
これも繰り返しですが「大きさ」だけが「小さい穴」にイれる場合は融通のきかないサイズですので「小さいスティックと大きいスティックの一本ずつ」という商品にしてくれればさらに「使いやすさ」は向上したでしょう。

オナドライ:商品ページリンク

オナドライ個別オナホレビュー記事アイコン
※表示価格8%時点の物です
 幣サイトでは「ポイント還元があるので表示価格よりも実質お得」として「NLS」での「通販サイト一本化」を推奨しております
上記以外でご購入を検討される際はこちらを参考に:オナホ通販サイト比較一覧表

オナドライ:関連記事

なお以前レビューした類似他社製品である「珪藻土スティック」のレビュー記事はこちら!

当商品「オナドライ」は「大型据え置きオナホール」でのメンテナンスで実力を発揮!

以下余白

 今回は「オナホのメンテナンス」に便利な「ベビーパウダー」系商品のご紹介です。

「開封したてのサラサラなオナホの感触」を長期にわたって保持するために必要なモノです。
2020/08/09 微修正作業開始 (元々は2019/10/21の記述です)
もうすこし↓から記事は始まります
その他メンテナンス商品のレビュー記事はこちら!

ベビーパウダーを振りかけて新品の時のコンデションを保とう!【オナホのメンテナンス】

もくじ
                                              

ベビーパウダーとは?

ベビーパウダー射精君
 その名の通り本来は汗をかきやすい赤ちゃんなどに使用してあせもやだだれを予防するためのもの。成人の肌にも効果があり、湿気を吸い取る事によりそれに起因する様々な症状の予防にもなると言われている。
オナホ界隈ではこの「ベビーパウダー」を使用後ホールに馴染ませる。

これにより、使用数か月後のベタつきや埃の付着などを防ぎ、「開封時のサラサラ感」を保つことは割と良く知られたメンテナンス方法です。
また、一部のオナホールは開封したばかりの時点では「ベタつきが目立つ」という物も存在するため、そういった物の肌触りを良くするためにも所持しておいて損はないと断言できます。
唯一のデメリットとしては「粉の白さがホールににじんでしまうため一部のオナホールは色が変わってしまう」事くらいでしょうか。
 「ただ水洗い、放置乾燥しただけではオナホールは劣化・硬質化する」という性質があり、こういった「経年劣化」を遅らせるためにも「ベビーパウダー」は作用します。
この「硬質化・劣化」が良い具合に偏って「自分のモノ♂により馴染むようになった」と感じる「覚醒」というオナホ業界専門用語?もございます。
オナホ表面の湿気やベタ付きを吸い取り、ゴミ、埃、髪の毛などの付着を防ぎ、「サラサラ感」を保つ。その使用方法などを写真で実践しながら説明していきます
ベビーパウダー個別オナホレビュー記事アイコン
※表示価格は税率10%込みのものです

「ベビーパウダー」具体的な使用方法

 管理人が現在も愛用しているのは先ほど紹介したコスパ重視の「ボトルベビーパウダー」
こちらとマイベストホールである「まだ名前がありません」を使って説明していきます。
「まだ名前がありません」は透明素材の部分があるので「硬質化・劣化」が分かりやすい。という特徴もあります
ベビーパウダー使用例  

 左がベビーパウダーを使い続けた「2か月前」の個体右がメンテを怠った「8カ月前」の個体

手順①:使用後の洗浄、そして水分の除去

ベビーパウダー使用例2   

 基本中の基本です。

使用後の洗浄、そして「オナドライ」や「珪藻土スティック」などで水分の除去

この記事は「洗浄方法」の指南では無いのでそれに関しては以下の記事をオススメします。

「洗浄」に便利な「液体オナクリーン」はこちら!

洗浄が終わった後の「オナホ内部の水分の除去」に便利なグッズはこちら!

手順②:ベビーパウダーの塗布(外側)

ベビーパウダー使用例3 
 
 タオル等での拭き取り、乾燥が終わったらベビーパウダーを用意します。
さて、塗布と行きましょう

  まずは外側。

 まんべんなくまぶしていきましょう。

手順③:ベビーパウダー馴染ませ作業(外側)

ベビーパウダー使用例4 

 馴染ませるように塗り込みます。

粒子が細かいのでどんどんオナホ本体に吸収されていきます。

手順④:ベビーパウダーの塗布(内側)

オナホは「内側」にこそ不純物が付着しやすいので「内部」にもパウダーを馴染ませる事が重要になってきます。
しかしながら「粘膜が触れる部分」であるため異常を感じたらすぐにベビーパウダーの使用を中止してください。
ベビーパウダー使用例5 
 入口を広げて内部への塗布
この時点では奥まで入りきらないので入り口からハミ出る形になりますが、とりあえずは気にしないで次の手順へと進んでください。

手順⑤:ベビーパウダー馴染ませ作業(内側)

ベビーパウダー使用例6 
 オナホをシェイクする、指を挿入するなどをしてパウダーを奥まで馴染ませます
 指を入れる際は内部構造を傷つけないように注意!

手順⑥:保管

ベビーパウダー使用例7  
買った時のパッケージや箱または保管用の「おもちゃ袋」的な物にオナホを保管しましょう
 次にオナホを使用する際はその「サラサラ感」に感動する事間違いなし!

ベビーパウダー使用感まとめ



  • 開封時点でベタつきがあるホールも使用前にまぶせばサラサラ!

  • 新品時代のコンディションをキープ!(永続的にできるとは言ってない)

  • もっとも手軽なメンテナンス商品!

  • パウダーの色が刷り込むたびにホールにしみ込んでしまうかも
 「ベタつきを抑える」「新品の時のコンディション維持」がベビーパウダーの目標です。
しかし「毎日のように新しいオナホをレビューしているサイト様」は日ごとに使用するホールが変わるのでこういった「メンテナンス」は不要だと思います。

ですが私のようなスローペースのレビュアー、または一般的なオナホユーザー(一か月にオナホに使う予算が5000~1万円あたり)の人たちにとっては別。

「早いサイクルで何回も使いまわす」事が想定されるので、こういった「ベビーパウダー」による「コンディションの維持」は必須日課項目ですね。
 しかしながらそれでも月ごとに「所持ホール」が増えていく毎に「メンテナンスがめんどくさくなる」ことは不可避なのでベビーパウダー使用を考えている方は

最低でも自分の特にお気に入りなヤツにだけメンテを施せればいい
と考えて気軽に購入するの吉だと思います。

商品ページリンクまとめ

まずはこちら管理人が使い始めた「コスパNo1」のベビーパウダー
内容量100gで321円とNLS内では最高のコスパを誇るベビーパウダーです
「内容量が多く値段が安い」からといって性能が悪いかと言われればそうでは無く必要最低限の「役割」は果たしてくれます
管理人は当面の間これを使い続け余裕が出来次第より高価なパウダーも試用してみるつもりです
              女子校生の匂いパウダー 女子校生の柔肌の匂いがするパウダー
こちらは100gで1015円と先に紹介した「ボトルベビーパウダー」に比べるとコスパは劣る物の「女子校生の匂い」を伴う?パウダーらしいです
一度もレビューしてないのになぜかこのサイトからのジャンプで売れているみたいです
それだけ「女子校生の匂い」というものは魅力的という事でしょうか
ちなみにエロゲと同じような事情ですが「高」という文字は使ってはいけないらしいです。18歳未満疑惑が濃くなってしまいますからね
私もいつか購入してレビューします
                  ホールパウダーアイコン ホールパウダー
こちらは30gで853円と紹介した3種類のなかで一番割高ですが、その名の通り「オナホール」への塗布のために特化されたパウダー
管理人はこちらを所持しているわけではありませんが

ベビーパウダー以上のオナホへの適応力が予測できます

こちらも余裕が出来次第レビューします!
ホームPage 1 / 11