「まったり系オナホール」として評価が高く、初心者にもお勧めできる3品「ふわトロめいき」「ふわあな1mmヴァージン」「天使のぷるまん」をそれぞれ比較していきます。
 
これら以外の「まったり系オススメオナホール」は最下部に一覧として載せています。
 
2020/12/08 大幅書き直し作業開始
 
 
もうすこし↓から記事は始まります
 

 
 関連記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もくじ

 
 
 
                                             

目次

開く

「まったり系オナホール」を選ぶ理由!

 
代替テキスト
 
 
 「女性のマ〇コの代替」から「実物よりも刺激的で気持ち良い内部」へ、そういった経緯で進化していくオナホールは下手すると「グロ系・高刺激」な物ばかり!?
 

そんな風潮に一石を投じるのが「まったり系」オナホール!!

 
 
 ふわふわとした素材に主張しすぎない構造。
 
そして徐々にじわじわと快感が高ぶる挿入感から解放されたとき焦らした分だけの「圧倒的勢いの射精感」をもたらします。
 
 
管理人:神楽ちんずりが「至高の射精」と感じる
「賢者タイム」をあまり感じさせずに「充実した事後感」に包まれるいわゆる「幸せ射精感」を引き起こしやすいのもこれら「まったり系」ですね。
 
 
 
 
                                            

「まったり系第一世代」と言える3種の比較対象ホールはこちら!

 
 管理人:神楽ちんずりが初期段階で購入したまったり系オナホール3種について簡易紹介していきます。
 
「ふわトロめいき」からまったり系に手を出し、類似構造の「ふわあな1mmヴァージン」そして現在なお「まったり系で最高の一品」と感じている「天使のぷるまん」までですね。
 
 

ふわトロめいき

 
 
 管理人:神楽ちんずりの中での「まったり系第1弾」であり、今なお「まったり系の代名詞」的なホールとして「手に取りやすさ」「使いやすさ」がある優れた一品。
 
その質感・触感は文字通り「ふわトロ」と表現するに足る物です。
 
代替テキスト
 
 内部構造は申し訳程度にイボやヒダがあるものの、まったり系ゆえに主張しすぎない構造
 
モノ♂に神経を集中させればぷちゅぷちゅと感じるくらいです。
大きさ的にも非常に使いやすく「まったり系オナホールに手を出してみるならとりあえずコレ!」と今でもオススメできる一品でございます。
 
 

ふわあな1mmヴァージン

 
 

 そんな「ふわトロめいき」を経てRIDE社がパク…リスペクトして取りいれた(と思われる)のがこちらの「ふわあな1mmヴァージン」

 
パッケージの色合いや名称など「ふわトロめいき」を強く意識しているような…
 
 先の「ふわトロめいき」と比べるとより肉厚であり、よりふわふわとした包まれ心地に。
その反面「内部構造の立体感」は「ふわトロめいき」の方が上。
 
代替テキスト
 
 
「よりまったりとした気持ちよさが欲しい」場合にはこちらの「ふわあな1mmヴァージン」が選択肢になりますね。
 

天使のぷるまん

 
 
 こちらは初めて購入した時から現在まで「まったり系NO1ホール」と評価している一品。
前述の二種類とは違い外部構造と内部構造で別の素材を使う、いわゆる「二重構造」を採用しており、外部はふわふわな素材、内部はちょいグロの粘膜的素材を使用して「双方の触感を引き立たせる」作用を促します。
 
代替テキスト
 
 
 このパッケージにも表記されているように「まったりアウター」と「ぷりぷりインナー」の双方がお互いを引き立たせます。
 
まさに悪魔的調和と言えるすさまじいプリプリ感
 
外部素材のふわふわ感が染みてきているのにぷりぷりとした弾力も忘れない。
 
「一つ上の」まったり系ホールとして是非とも押さえておきたい一品でございます。
 
 

比較・対決開始!〇個の検証項目とは?

 
 おまたせいたしました。
選手紹介は終わりましたのでいくつかの比較項目にて検証を重ねて3つのまったりホールから1位を決定したいと思います。
 

検証項目その1:取り扱いやすさ・価格

 
代替テキスト
 
 
 ここでいう「取り扱いやすさ」とは「気持ちよさ・快感力」を考慮しない純粋な「持ちやすさ」や「使いやすさ」の事を指します。
 
基本的に「オナホールが大きくなりすぎない」事で「肉厚な包まれ心地」は犠牲にしますが「使いやすさ」を得られるという印象。
 

というわけで、上記の写真からわかるように3種の中で一番小さいホールは「ふわトロめいき」!

 
 
代替テキスト
さらには「価格面」という意味でも3種の中で一番安いのが「ふわトロめいき」であるため、経済的な面でも「手に取りやすさ」があります。
 
 
 使いやすさ・価格の検証結果:

👑1位:ふわトロめいき

 

2位:ふわあな1mmヴァージン

 
3位:天使のぷるまん
 
 
※上位に行くほど使いやすく、価格面でも安いタイトルです。
しかしながら「肉厚な挿入感」という意味では下位に行くほど優れています。
 

検証項目その2:純粋な気持ちよさ

 
代替テキスト
 
 
 第2の検証項目は「使いやすさ」や「価格面」を考慮しない「純粋な気持ちよさ=快感力」で勝負!
 
「スタンダードなまったり系」のふわトロめいきか?
 
「ふわトロより肉厚感に優れる」ふわあな1mmヴァージンか?
 
「贅沢に二重構造を駆使して外部と内部をそれぞれ引き立たせている」天使のぷるまんか?
 
 
「純粋な快感力」にすぐれるまったり系オナホールは…
 
 

天使のぷるまん!

 
代替テキスト
 
 
 ここは「コストをよりかけた二重構造ホール」である「天使のぷるまん」が1位に。
 
ふわふわな外部素材とぷちゅぷちゅの内部素材その双方に良い素材を使っており、それが調和することでさらなる快感を演出。
 
内部の粘膜素材と自分の粘膜が絡みつき、ふわふわな素材がぷちゅぷちゅ内部を引き立たせ、天使のと謳っておきながら「悪魔の調和」を生み出した一品。
 
他2種「ふわあな」「ふわトロ」にくらべると、イれた瞬間から「あああっ…!!」と悶えそうな挿入感で「まったり系」に分類するか迷う程の刺激快感。
 
「まったり系でありながらすぐにでも気持ちよくなれるホールが欲しい!」という場合は「天使のぷるまん」が選択肢になります。
 
 「純粋な気持ちよさ」のランキング:
 

👑1位:天使のぷるまん

 

同率2位:ふわあな1mmヴァージン ふわトロめいき

 

 
 
 

検証項目その3:ブランド力

 
 
 直接は関係ないかもしれませんが「メーカーのブランド力」を指標に入れた場合どうなるのか?という項目です。
 
「ふわあな1mmヴァージン」のRIDE社と「天使のぷるまん」のマジックアイズ社は双方オナホ業界のトップを争う競合社といっても過言では無いですが、「ふわトロめいき」のKISSMELOVE社はその2社に比べると業界での知名度は劣ります。(というよりふわトロめいきくらいしか代表作が無い)
 
なので「ブランド力」と言う目線では「RIDE社」と「マジックアイズ社」の一騎打ち。
 
ここで重要になってくるのは「突出して有名なタイトルを抱えているメーカー」であるかどうか
 
当時は斬新だった「縦ヒダ系オナホール」の「ヴァージンループ」で業界トップ勢に躍進した「RIDE社」がわずかにリードと言った所でしょう。
 
直接「ホールの気持ちよさ」には関係ありませんが「一番有名なメーカーのホールが一番信用できる!」と考える場合にはRIDE社の「ふわあな1mmヴァージン」の選択になるでしょう。
 
 
 RIDE社は他にも多数まったり素材でオナホールを販売しているのでそれらを購入するか否かの基準にもなります。
 
 
というわけで「ブランド力」で見るなら

「ふわあな1mmヴァージン」!!

 
代替テキスト
 
 
 「ブランド力」のランキング:
 

👑1位:ふわあな1mmヴァージン

 

2位:天使のぷるまん

3位:ふわトロめいき

 
 

結論:結局3タイトルのどれが「まったり系」で一番オススメなの?

 
 管理人:神楽ちんずりは「多少コストがかかってもより良いオナホールを手に入れたい」と考えるタイプの人間です。
 

なので一押しは他のタイトルより高い「天使のぷるまん」!!

 

   代替テキスト

 
「ふわふわ外部素材」とぷちゅぷちゅな「粘膜的内部素材」との調和は素晴らしく単一素材しか使っていない他2種類とは快感力が段違いです。
 
代替テキスト
 
「純粋な快感力」でNO1なので他2タイトルの「安さ」を重要視しないなら「天使のぷるまん」で決まりです。
 
 
 ただし、高刺激オナホールが好きで「まったり系を試しに買ってみる」という人は「ふわトロめいき」か「ふわあな1mmヴァージン」が手に取りやすいでしょう。
 
そこから「まったり系」を攻めるかどうか考えるのもありですね。
 
 
 
 
 

最下部:その他まったり系オススメホール!

 
ドルフィン!(ソフト版)
 
ボックス
 
 管理人:神楽ちんずりの「ベスト3」に入るオナホール「ドルフィン!」のソフト版。
 
「ドルフィン!」自体が「イルカの膣を再現した」というインパクト抜群な一品ですが、「ソフト版」になったことにより「弾力」を犠牲にして「包まれ心地」「吸着力」が大幅アップ!
 
「ニュルニュルといやらしく絡みつく繊細なヒダ」はヒトのそれとは違い、海洋生物らしさ、「♂の精子を水中でも吸い尽くせるようなエロ進化」を味わうことができます。
 
一見違いがわからないような繊細なヒダに吸い付かれる感触はノーマル版のドルフィン!以上であり、全オナホールの中でも随一です。
 
 
セブンティーンボルドーソフト
 
ボックス
 
 こちらはこのブログであらゆるオナホールとの比較対象となっているスタンダードオナホールの一角「セブンティーンボルドー」のソフト版。
 
前作や派生作品の「まだ名前がありません」と同様「人工マ〇コ」系の自然なイレ心地を突き詰めた一品。
 
素材が柔らかくなったことで「空気抜き」による密着感、吸引力がパワーアップ!
 
通常ボルドーよりも好きだという人も多数いるのが納得できるタイトルです。
 
画像場所
 
 
 
 
近日執筆予定