今回は「腰振りプレイ特集」です

 
「ウレタンヒップとそれ以外の方法」を含む腰振りプレイ方法を敢えてデメリット込みで振り返る企画です
 
 「快感増幅ウレタンヒップ」について詳しく知りたい方はこちら!
 
 

もう少し↓から記事が始まります

 
2020/12/09 大幅書き直し作業開始
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                 代替テキスト
 
 
 

目次

開く

オナホを固定させ本番の様な「腰振りプレイ」を楽しむ!4つの方法!

 
 
 
 
もくじ

 
 
 
 
 
 
 

オナホ固定「腰振りプレイ」とは?

 

通常ならば「手で擦る」しかないオナニープレイに「よりリアルなシチュエーション」と「より気もち良い快感」をもたらすプレイスタイル

その場で固定させるなにかにオナホを設置その穴にむかってモノ♂を挿入したまま腰を振る事でリアル快感や充実感を得られます
その快感力はざっと手コキの20倍(当社比)

 
 
 
 要するに「オナホを固定して腰振りして挿入することでより気持ちいい!」というプレイスタイル
 
 
しかしながら「良い点」ばかり目に行って「悪い点」を述べていなかったので、今度はそこを踏まえたうえで「腰振りプレイ方法」という物を振り返っていきたいと思います
 
それでは始めていきましょう
 
 

「腰振りプレイ方法」その1:ウレタンヒップ

 
 
 
 

「ウレタンヒップ」概要

 
        代替テキスト
 
 このブログでは何回も紹介してきた「一番無難な腰振りグッズ」
 
これ専用の大型特集記事が存在する他、個別オナホレビュー記事では、「これに適合するかどうか、そのハメ込みパターンはどうか」等を必ず書き出す形にしている
 
使い方は単純で上記の写真の「穴」にホールをはめ込んでその場に固定した後モノ♂を挿入してひたすら腰振り!!
 
 
半年、一年と使い続けることで少しずつボロボロになる「消耗品」ではありますが「消耗品として割り切れる無難な値段設定」ゆえに気兼ねなく使用、再購入できる。
「現状では他の方法よりも群を抜いて」(またはそれらと併用することで)「腰振り方法」として第一に優先されるグッズでございます
 
 

「ウレタンヒップ」メリット

 
 
 ①とにかく手軽な「腰振りグッズ」
 
めんどくさい改造やテクニックなどはいらない!
これ一個があればあなたの手持ちのハンドオナホールが「腰振りホール」に大変身!
 
この「手軽さ」がウレタンヒップ最大のメリットだと思います
 
 ②消耗品として割り切れる価格
 
ウレタンヒップ単体の場合は4000円前後
そしてこのグッズの平均寿命は半年~一年(当社比)
 
「いつかは壊れる」と割り切るには高すぎず程よい値段設定だと思います
(ドール改造などは壊れたときの修繕費がかさむ)
 
メリットその②は「買い替えた」としても大きなダメージにならない値段設定と耐久度
 
 

「ウレタンヒップ」デメリット

 
 
 
 ①揉み心地が良くない
 
写真から想像できるのはまさしく「尻」としての役割ですが「女性のお尻」のようなぷにぷに感を期待してはいけません
 
「ウレタン」とは発泡スチロールよりちょっと丈夫なだけの素材なので
あくまで「オナホを固定できればいい」という人のためのグッズです
 
 
 ②正常位と錯覚することが出来ない
 
「ヒップ」を掴んで「腰を振る」ため没入感が一番高まるのは「バック」のシチュエーション
 
王道の体位である「正常位」を妄想する分には向いてません
 
ここら辺は「ぬいドール」との併用などそれぞれの工夫が必要となるでしょう
 
 
 
 

「ウレタンヒップ」商品ページリンク

 
 
  価格:  4212円:  快感増幅 ウレタンヒップ  
 
  価格:  5490円:  ウレタンヒップで恍惚セット
 
 
 

「腰振りプレイ方法」その2:エアドール系

 
 

「エアドール」概要

 
 ※一例:代替テキストラブボディMiyu 
 
 
 古い時代には「ダッチワイフ」と呼ばれた「空気嫁」の事
空気ポンプで膨らませて使用します
一昔前の風船タイプのそれは「局部」さえも風船製で「本当にこれで気持ちいいのか?」と疑問に思うデザインのものもちらほら
 
今の時代のそれはもちろん「用途」のために「オナホールをハメるギミック」が備わっています
 
 
 

「エアドール」メリット

 
 ①人型である事
 
先に紹介した腰の部分だけの「ウレタンヒップ」に比べると「人型」である事で「本当に人間としている」という没入感を得られやすいです
 
 
 ②カスタマイズ可能
 
そのままで使う場合は「膨らませたこれにオナホをハメこむ」のみですが、空気の代わりに綿を詰めたり、胸の部分におっぱいグッズを仕込んだりウィッグを被せたり専用のコスチュームを着せたり・・・
 
「頭」の部分にフェラホールを仕込むのも良いかもしれませんね
 
このような「工夫」を凝らすことで更なる「没入感」を得やすいです
 
 
 

「エアドール」デメリット

 
 ①破けやすい
 
管理人の「腰振り」プレイが激しいせいか過去2回連続で一週間以内にこの手のエアダッチを破壊してしまっています
 
この点は「エアドールは綿を入れて改造して使う物」と割り切れば改善されるでしょう
 
 
 ②触り具合
 
「まさにビニール」といった触り心地なので「人肌」の感触を求めている場合は落ち込みます。まあこの点は他のグッズでも言える事なので敢えて深くは言いません
 
 
 ③カスタマイズできるという事がハードルを高くしている
 
「どうにでもカスタマイズできる」「カスタムによってはかなり高い没入感を得られる」
という事は逆を言えば「カスタマイズできるスキルが無い人にとってはただのビニール人形」という事
 
 
「毎月何度も工作して技術を学ぶ物」と割り切るのには値が張るのもネックです
 
 
 

「エアドール」商品ページリンク(一例)

※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です
 
 
 
 
 

「腰振りプレイ方法」その3:アニメ系抱き枕改造

 
 ※一例
 

代替テキスト 詳細を見る

 
 
 
抱き枕カバーを被せた枕にオナホをハメることで「本当にアニメにキャラクターとセックスしてる!」という没入感を得られる腰振りスタイル
 
複数の抱き枕カバーを所持することで「とっかえひっかえ」のハーレムプレイが楽しめるのも魅力の一つです
 
 

「アニメ系抱きまくら改造」メリット

 
 ①目の前にあのアニメキャラが!
 
 「PCなどで平面上でキャラクターを眺める」とは違い「目のまえにキャラクターを召喚する」に等しい手段なので
 
公式・同人問わずにお気に入りのアニメキャラのカバーを使えば大興奮すること間違いなし!
 
「エアドール」が人型である事の没入感ならばこちらは「絵のキャラ」とセックスしているような没入感を得られます
 
 
 ②カバーの数だけ嫁が持てる!!
 
 一度「枕カバーとのセックス」を堪能した後また新しい枕カバーを買えばその分「オナホ兼嫁」が増え続ける計算です
 
理想の女性キャラのカバーを集めてあなただけのハーレム空間を作りましょう!
 
 ③カスタマイズ可能!!
 
 上述の「エアドール改造」と同じくこちらも改造が可能
「胸部を開けておっぱいグッズを仕込んだり」することでさらなる「二次元キャラとのリアルセックス」に近づけることが出来ます
 
 

「アニメ系抱きまくら改造」デメリット

 
 
 ①やはりカスタマイズはハードルが高い
 
 上述の「エアドール改造」と同様こちらも「カスタマイズ可能」という事は裏を返せばそういった技術が無い人にはすこし物足りないという印象
 
そして「胸部におっぱいグッズを詰め込む」「局部にオナホをハメる」際は「カバーを切らなきゃいけない」という覚悟が必要になってきます
 
 

オススメ商品リンクページ

 
 
 
 こちらの商品はいわゆる「エアダッチ」ですが人型では無く「縦長」であり「股」の部分に「オナホをハメる穴」が存在することにより
 
手軽に

好きな枕カバーをかけてその絵柄と疑似体験できる

という優れもの
 
 
 さらにあらかじめパッケージのキャラクターが印刷されており、枕カバーを所持していなくてもこれ一つ(正確にはこれとオナホ)を購入するだけで
 

二次元キャラクターとのセックスが可能になる

お手軽ヴァーチャル商品
 
「枕カバーとの疑似体験はどういう物か」を知りたい方はまずこちらを購入してみてはいかがでしょう
 
 
 
 
 
 

「腰振りプレイ方法」その4:「ぬいドール」編

 
 
              代替テキスト  
 
 
 
 こちらは空気ではなく「綿」を詰めるオナホ固定ドール
肌着のような感触なので「裸体の女性と致している」という没入感はありませんが、「普段着の女性としてる」くらいには楽しめます
 
 

 一番の特徴は「おっぱいポケット」というおっぱいグッズを挿入するためのポケットがある事

 

 

統一型のおっぱいグッズは切断する必要がありますが「左右でそれぞれ分かれている」場合は簡単に収容できる便利ポケットです

 

おっぱいグッズを入れた後の揉み心地は素晴らしく

服の上から触っているという錯覚が楽しめます

 

「直のおっぱいを触りたい」場合は胸部を切る必要がありますがね

 

5000円前後の安価のおっぱいグッズをこのポケットにハメて(統一型の場合は切断も考慮に入れて)その揉み心地を確認、気に入ればさらに大きな、かつ高価なおっぱいグッズに手を出すという順序をおススメします

 

 

 肝心の「穴」は「オナホ固定台としてはブレる」という欠点を抱えているので、私は「ウレタンヒップ」と併せて使用しています

 

 

 

 

 

「ぬいドール」メリット

 
①触り心地の良さ
 
 先に紹介した「ウレタンヒップ」や「エアドール系」とくらべると抜群の触り心地(ただし「服を着た人間」としてはという意味で)
 
②おっぱいポケットという存在
 
 「エアドール」や「抱き枕」の場合おっぱいグッズを仕込むのにはそれなりの「改造テクニック」が必要になってきますが、こちらは「おっぱいグッズの収容をあらかじめ想定している」造りとなっています
 
これと綿と「手ごろなおっぱいグッズ」があればそれだけで「おっぱい付きオナホ固定ドール」が出来上がります
 
 

「ぬいドール」デメリット

 
 
①オナホ固定台としての「緩さ」
 
 上記の「エアドール」や「抱き枕」にも言える事ですが、「ウレタンヒップ」での固定を体験してしまうとこちらの「ぬいドールによるオナホ固定」は「緩い」と感じてしまうかもしれません
 
プレイ途中でブレることもしばしばありました
固定台としては「ウレタンヒップ」ががっつり固定してくれるので併用することでこの点は解消できます
 
 

 

 
 
 

「腰振りプレイ方法」その5:「超大型高級オナホ」編

 
 
 
※一例です
 
 オナホそのものが「抱けるほどデカイ」「そのままで腰を振れるほどデカイ」形態
ホール部分以外の全てもオナホとおなじ素材が使われており、触るとぷにぷにしているので「裸の女性と致している」という没入感を味わえます
 
 
 

「超大型高級オナホ」メリット

 
 
①見た目からして圧巻!大迫力!
 
 
 上記の「ガールフレンド」の例ですが、「ほぼセックスに必要な肉体がそろっている」事からこれを「使う」事はもはや「オナニー」ではなく「抱く」に近い感触
 
思いっきり腰を打ちつけてリアルな快感を得ることが出来ます
 
 
②買ってすぐ使える!
 
 
 エアドールやぬいドールでのプレイと比べるとこちらは「買ってすぐ使える」事が強み
 
開封してオナホ部分にローションを注入して即挿入!
後は本能の赴くまま腰を振るだけです
 
 
 

「超大型高級オナホ」デメリット

 
 
①高い
 
 最大のデメリットはおそらくこれ。
「セックスに必要な主要部分全て」をオナホールにした結果、「オナホールとしての気持ちよさ」とは別に原価が跳ね上がってしまいます
 
上記の「ガールフレンド」も4万円超えの商品
 
買った後で「自分にはこのホールは合わなかった」と諦めるにはちょっと勇気がいる価格設定でございます
 
 
②おっぱい部分やオナホ部分をカスタムできない
 
 
 あらかじめオナホの構造もおっぱい部分の素材も統一されていて代替が効かないためそこの部分単体でとらえた場合は「他のグッズを使った方が気もちいい」場合もあります
 
しかしこちらの商品はカスタマイズが不可なのでカスタマイズ可能な故初心者にはハードルが高かったドール改造系と真逆のデメリットを抱えてしまう事になりました
 
 
③洗浄のめんどくささ
 
 
 「ほぼ身体がそろったオナホ」という事は裏を返せば「自己代謝能力のない人体」を扱うも同然
この大きなホールを念入りにメンテナンスしなければすぐに劣化してしまいます
 
オナホ部分はもちろん頻繁に手を掛けるであろうおっぱいの部分もきちんとメンテナンスをしなければ黒ずんだりするでしょう
 
 

商品リンクページ

※一例です
 
 
 
 

「腰振りプレイ方法」その6:「高級電動オナホ」編

 
 
 
                 代替テキスト  A10サイクロンSA
 
 
 「オナホで」腰を振るではなく「オナホが」腰を振ってくれる商品
 
こちらが動かずともイかせてくれるので「女性側が」腰を振っているかのような没入感を得られます
 
まさしく「王様的ハーレムプレイ」を疑似体験したい時はこちらの「電動オナホ」がオススメです
 
 
 
 
 

高級電動オナホ メリット

 
 
①こちらが動かずともあちらから動いてくれる!!
 
 通常「手で擦る」か「固定させて腰を振る」ことがオナホでのプレイの定石ですがこちらは「自分が動かずとも向こうからヌいてくれる」という仕様
 
ご主人様を喜ばせるために必至で腰を振る「主従関係」がはっきりしてるのが電動オナホールだと個人的見解を抱いております
 
「ここで寝転がってるからヌいてくれ」という王様プレイを楽しめます
 
 
②設定は面倒くさいが動画に合わせて回転、ピストンのパターンを変えられる!
 
 
 詳しい設定方法は省きますが動画に合わせて回転やピストンのパターンを差別化することが可能
 
 
これはどういう事かと言うと「上から女性が乗っかって最初は緩く、最後は激しく」みたいなシチュエーションの動画に合わせて設定すれば
 

動画でのプレイ内容と完全シンクロすることが可能

 
 
「オナニー」という枠を超えて動画内との女性と「ヴァーチャルセックス」の域にまで達しているのがこの「電動オナホ」の特徴です
 
 ※VR動画にも対応できるみたいです
 
 

高級電動オナホ デメリット

 
 
①高い
 
 「超大型高級オナホ」と同じ欠点
 
最新技術が詰まった電動式ホールという事はそれだけで高価な代物となります
同じく「自分に合わなかった」と諦めるにはちょっと割高な値段です
 
回転式の「サイクロン」は2万円台、ピストン式の「ピストン」は4万円台とオナホとして捉えた場合は「かなり高い買い物」になってしまいます
 
かといって類似商品の安い電動オナホで代償行為はより落胆することになるでしょう
「買わない理由が値段だけなら買う!」という人は手を出すべきホールだと思います
 
 
②硬い
 
 
 モノ♂を挿入する部分には「新体験」というべき快感をもたらす「殿堂オナホ」ではございますが、「機械部分を覆うケースはやはり硬い」ので「機械と致している」という残念感はぬぐえません
 
この辺は工作の技術を磨いてドール系の商品にこちらの「殿堂オナホ」を埋め込むことが出来れば解消できると思います
 
 
 

高級電動オナホ 商品ページ(一例)

 
※こちらは上記の「サイクロン」ではなく「ピストン」です
 
 
 
 
 
 

「腰振りプレイ方法」まとめ

 
 
 いかがでしたか?メリットと同様デメリットも多少ある「腰振りプレイ方法」
上記の方法から「自分にとってどれがベストか」を見極めてリアルを超えた究極の一人プレイを見つけ出しましょう

 

 

関連記事

 
 
 
 関連記事は腰振り方法特集カテゴリで検索!
 
「快感増幅ウレタンヒップ」について詳しく知りたい方はこちら!
 
 
以下余白