メインブログからの移転「ボクのおなぺっとシリーズ」レビュー記事
「ボクのおなぺっと」シリーズから「初代」「2」「3」「ZERO」のレビュー記事を全て一括りにまとめます。単体ではアクセスがあまりないからです。仕方ないね
 
 
2019/12/25 修正作業開始
 
もう少し↓から記事が始まります
 
 
 

 
 
 
より大雑把な目次
 




 
 
 
 

目次

開く

簡易総評:81点(総括記事では80点)

詳細なレビュー記事は追記文で!
 
 
「低価格ホール」として確立されたブランドの一角
「ボクのおなぺっと」の第一弾という事でいまから振り返ると流石に「低価格ホール」として見ても「古い」と感じる感覚
 
同じ素材を使ってるはずなのに後発のものと比べると若干「ショボイ」と感じたり
14cmと言う「オナホのサイズとしては標準」のサイズなのに「短い」と感じたり
 
 
 しかしながら快感性能は流石「これが全てのおなぺっとの基礎」となったという
確かな実感をできるほど「しっかり作り込まれている」ホールです
 
 
値段もかなり手ごろなので「ちょっとした買い足し」だったり
「おなぺっとシリーズ初購入」としてもオススメです
 
 
 
 
 
 
 

オナホレビュー:ボクのおなぺっと(本家初代) 久しぶりに手に取ったら小さスギィ!

 
 

「ボクのおなぺっと」シリーズとは?

 
 
 

MATEが確立した低価格ホールブランドの一角
1000円以下のホールでありながら「しっかり気持ちよい」
スタンダードな刺激構造と低コスト化のための「わらびもち的素材」が科学的反応でドッキング
「初めてのオナホ」としてはもちろんオナホ経験者が「ボクおなシリーズ」へ飛び込む際の
「入門編」としてもこちらがオススメです

そしてこの「おなぺっと」シリーズは「色々な会社とコラボする」
「誰とでも寝る子」と揶揄されています
こちらの「NLS」他「ホットパワーズ」や「リグレジャパン」その他多数のホールと
コラボ商品を出しています

 
 
このブログのコンセプトを「シリーズものを中心にレビューしていく」と決めてから
このコピペも何度繰り返してきたか
 
 
 「誰とでも(どの会社とも)寝る(コラボする)」と揶揄されているホールですが
今回レビューするのは「本家おなぺっと」の第一弾
 
つまり正真正銘「本家本元のシリーズ一作目」「最初の最初、原本の原本」の
「ボクのおなぺっと」です
 
今から振り返るといささか「古い」という印象を受ける一品ですが
「ここから」様々な派生作品が生まれるには十分の「基盤」はすでにこの頃からできています
 
低価格ながらしっかり気持ちいいシリーズ「ボクのおなぺっと」
その第一弾を振り返ります
 
 

その外観、内観、触感

 
 

その外観

 
 
左が当記事「初代おなぺっと」真ん中が「ポクのおなぺっと(NLSコラボ版)」
(14cm)
 
 右はよく比較に出されるスタンダードホール「セブンティーンボルドー」(17cm)
 
 後発のコラボ版とくらべても「短い」と感じるサイズ(公表サイズでは双方同じ14cmのはずだが)「17cm」の「ボルドー」とくらべるとさらに短く
このホールが「低価格帯ホール」のそれ相応に「小さい」ホールであることがわかります
 
 

その触感:しなり、伸び

 
 
 
 「伸び」「しなり」においてもかなり柔らかく、伸びる素材だと分かります
「ボルドー」はあまり伸びる素材ではありませんが17cmある「ボルドー」が
14cmの「初代ボクおな」を伸ばしたサイズとほぼ同一です
 
 

その内観

 
 
 後に「大魔王」とのコラボ版として発売される「ボクオナDX」や
「NLSコラボ版」である「ポクのおなぺっと」にも受け継がれる「シンプルな横ヒダ構造」
 
単調ながらもジョリジョリと撫でるその気持ちよさは
「このシリーズが今でも愛されている」と理由に足る十分な物です
 
 

その挿入感

 
 
 

入口付近

 
代替テキスト
 
 
「ローションを注入しやすい突入口」は初代からそのまま引き継がれてます
「カリがひっかかる」感じと「縦ヒダ」が密着する感じそして縦ヒダの「ジョリジョリ感」
という低価格ホールでありながら3つの挿入感を贅沢に味わえる挿入口です
 
 

中央部分

 
代替テキスト
 
「中央」~「最奥」にかけて「狭くなる」構造
この構造はボクオナDX」、「NLSコラボ版」にも引き継がれます
 
入口付近以上に「キュッ」と密着して「吸われる」快感が心地よいエリアです
 
 

最奥部分

代替テキスト

さらに密着度がアップする最奥部分

ですが「低価格・小型ホール」のそれであるがゆえ「底を突き破らないか」
が多少心配で気を付けながら使ってます
(それでも突き破るときは突き破りますが)
 
 
 
 
 

このホールを一言で表すと?

 
 

         ボクおなザ・オリジナル


 
 後発の商品に比べるとやはり「小粒」という印象を受けますが
「基盤」となるべき構造はこの頃から完成していると言った印象
 
初代ポ〇モンのようなスパイキーながら味のあるモノとなっていると感じ取れるでしょう
 
ちょっとした買い足しに悩んだらこちらをオススメします
 

総評:81点(前回80点)

 
 
 
 
刺激・・・★★★☆☆   「中刺激」判定
耐久・・・★☆☆☆☆  NLSコラボ版以上の短さで
レビューのための検証中に
突き破ってしまいました
肉厚・・・★☆☆☆☆  横も縦も薄い
使いやすさ・・・★★★★☆ 小ささ=使いやすさと過去に書きましたが
「小さすぎ」なことで少しだけ使いにくい
コスパ・・・★★★★☆ 500円前後でこの快感は良コスパ
締まり・・・★★★☆☆ それなり
長さ・・・★☆☆☆☆  公表サイズの14cmより短く感じる
硬さ・・・★☆☆☆☆  このシリーズの基盤となる「わらび餅」的素材
快感性能・・・★★★★☆  かなり高い快感性能
速射性能・・・★☆☆☆☆ 柔らかいので「即ヌキ」には向かない
空気抜き対応度・・・★★★★☆  「「空気抜き」の効果を得やすい
「ストレート加工」
 
 

初心者オススメ度・・・★★★★★

 
 値段的にも手ごろ、持ちやすく使いやすく「はじめてのオナホ」として断然オススメ
「ボクおなシリーズを初めて買う!」という方にもオススメできます
 
 

彼氏へのオススメ度・・・★★★★★

 
 
 女性向け項目です。このホールが「彼氏へのプレゼントとして適しているかどうか」

その判定は「超オススメ」判定の★5!!

使いやすく、快感性能も高いながら「現実の女性器」を超えうるモノでは無いので

貴女とのセックスに取って代わる事もなく、かつ彼氏も喜んでくれるでしょう

ウレタンヒップによる「腰振りプレイ」対応パターン・・・パターンA:要補助、スッポリハマる系

 
 
 管理人のライフワークと化したプレイスタイル「ウレタンヒップによる」
オナホ固定「腰振り」プレイ
 
こちらの対応パターンはAの「補助あり、スッポリハマる系」の
スタンダードホール判定!!
 
 
代替テキスト  
 
 
 
付属のスポンジシートや「ゆむしぃ」による補助が必要なものの
それをクリアすれば後は気兼ねなく腰を振るだけの「程よくハマる」大きさのホールです
 
 ※標準的なパターンAのホールよりかなり小さいので
付属のスポンジシートを何枚も巻くなど「厚さ」の底上げが多少必要です
 
 
 
 
オナホ別「ウレタンヒップ」はめ込みパターン解説は以下の記事から!
 
 
 
 

商品ページリンク

 
 
 
 
 

NLS以外の販売サイト(一例)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【オナホレビュー】ボクのおなぺっと2 低価格版では長く、使いやすいタイトル2018/08/05の記述

簡易総評:83点

 ※詳細な感想文は追記文で!
 
 
 後にこちらのホールの完全上位互換である
「ボクのおなぺっと2ぐれいと」がリリースされたりなど
(その分低価格ホールではなく中価格ホールと変化しているが)
「低価格帯おなぺっと」の中では優遇されているタイトル
 
 
 「快感力」もそうですが「長さ」も低価格ホールの中では大き目の
「16.3cm」という使いやすく、ストロークしやすい寸法
 
 
内部構造も「初代ボクおな」から格段に進化「単純なヒダ構造」であった初代に対して
「入口付近はヒダが荒く、奥に行くほど細かくなる」という緩急をつけた一品となっています
 
 
 「一つだけおなぺっとシリーズから選ぶ」としたらこちらの「2」が断然オススメできます
 
 
 
 
 
 ※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です
 
 

【オナホレビュー】ボクのおなぺっと2 低価格版では長く、使いやすいタイトル

 
 

 

 
 
こちらの「2」は低価格帯「おなぺっと」の中でも使いやすく
「大きさ」もしっかりしている優れもの
 
「初めて」のおなぺっととしても「他のタイトルでは物足りなかった」と感じる人
にもオススメできる「無難かつ至高」の商品となっております
 
 

その外観、内観、触感

 
 

その外観

 
 
 左側「初代おなぺっと」とくらべると100円高いだけで「長さ」が格段にアップ
しているのがわかります
 
 このコスパ上昇率は「買い」ですよ
 
  比較対象としてよく使われる右側「セブンティーンボルドー」と長さはそう変わりませんが流石に横幅は負けてますね
 
 
 
 

その触感:しなり、伸び

 
 
 
 ほぼ同じ長さの「ボルドー」と比べてもより「しなり」「伸び」が発生する素材
柔らかく、ねっとりと絡みつく挿入感に期待が高まります
 
 

その

  
 シンプルな「ストレート加工」ですが「V字溝」
「最初は大きく、奥に行くほど細かいヒダ」がショリショリという感じで
絡みついてきそうな「良さそうな」内部構造です
 
 

その挿入感

 
 

入口付近

 
 
 
 
 「最初のジャブ」は粗目のヒダによる「ジョリ感」
 
「ずぞぞぞ・・・」とモノ♂を撫でる挿入口の時点で心地よく
このホールが「気持ち良い物」である事が分かります
 
 

中央部分

 
 
 
 
 奥に行くほどヒダが細かく、狭くなる「ボクおな」シリーズ定番の構造
 
こちらの「2」も中央部分になるにつれ細かくなり「ねっとり」と絡みつきます
 
 

最奥部分

 
 
 「最奥」になるにつれ狭くなるのも伝統構造。底が薄いので
「突き破らないかどうか」だけ不安ですがわらび餅素材でありながら
キッチリ締めてくれる良構造であなたを「心地よい射精」に導きます
 
 

その射精感、イキ顔

 
 
 

  びゅううっ!びゅうっ!びゅうううっ!!


 
 
 「等間隔で勢いのある射精」が断続的に起きる射精感です
なかなか充実した、「幸せ射精感」に近い射精感でしたよ
 
 
 

「ボクのおなぺっと」シリーズ全体として見た場合

 
※低価格帯かつ、コラボ商品では無い「初代」「2」「3」「ZERO」内での対比です
 
 
 「後にシリーズが継続するための基礎」はしっかりしているものの
今から振り返ると若干「古臭さ」や「ショボさ」もある「初代おなぺっと」
 
 
 「変化」を取り入れようとしたがイマイチ構造と「わらび餅素材」がマッチしなかった
「ボクのおなぺっと3」
 
 「原点回帰」を目指し見事「初代の完全上位互換」として
送り出された「ボクのおなぺっとZERO
 
 
 そしてこちらの「長さ」を備えた「使いやすさNo1」である
当記事「2」
 
私はこの中で選ぶとしたら断然この「2」をオススメします
 
 
 
 「初代」をそのまま進化させたような内部構造
そして比較的「突き破りにくい」長さを備えた「2」
 
 
「初めてのオナホ」としても「初めてのおなぺっとシリーズ」としても
こちらの「ボクのおなぺっと2」が無難かつ王道な選択でしょう
 
 

総評:83点

 
 
 
刺激・・・★★★☆☆   「中刺激」判定
耐久・・・★☆☆☆☆ モノ♂がデカいのもあるだろうけど
レビュー中の使用で入口がちょっと裂けました
肉厚・・・★★☆☆☆  「初代」よりは厚いが「薄い」判定
使いやすさ・・・★★★★★ 「初代」は小さすぎるため「長さ」が備わったことで
使いやすさマックス!
コスパ・・・★★★★☆ 1000円以上で16.3cmのオナホは良コスパ
締まり・・・★★★☆☆ そこそこ
長さ・・・★★★☆☆  16.3cmの「普通」判定
低価格ホールの中ではデカイ
硬さ・・・★☆☆☆☆  「ボクおな」特有のわらび餅素材
快感性能・・・★★★★☆  良い。
速射性能・・・★☆☆☆☆ 柔らかすぎるため「即ヌキ」には向いていない素材
空気抜き対応度・・・★★★★★  「空気抜き」しやすい「ストレート加工」
 
 

初心者オススメ度・・・★★★★★

 
 
 先ほども申し上げた通り「初めてのオナホ」としても断然オススメできるタイトルだと思います
 
 

彼氏へのオススメ度・・・★★★★☆

 
 
 女性向け項目です。このホールが「彼氏へのプレゼント」として適しているかどうか

その判定は「オススメ」判定の★4!!

値段的にもお手頃で彼氏も気持ちよくなってくれると思うので

そんなに気を遣わせず、「プチプレゼント」として受け取ってくれるでしょう

「ウレタンヒップによるオナホ固定腰振りプレイ対応パターン」:パターンA・・・要補助、スッポリハマる系

 
 
 管理人のライフワークと化したプレイスタイル「ウレタンヒップによる」
オナホ固定「腰振り」プレイ
 
こちらの対応パターンはAの「補助あり、スッポリハマる系」の
スタンダードホール判定!!
 
 
 

商品ページリンク

 
 
 
 
 ※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です

N売サイト

 
 
 
 
 
 

関連記事

 
 
 

【オナホ レビュー】 ボクのおなぺっと3 順当に進化したのに「キツさ」が足を引っ張る!?2018/10/04の記述

 
 
             
 
 
 

簡易総評:75点

詳しいレビュー文は追記文で!
 
 
 小さいながらも「気もちいい」が詰まった初代おなぺっと
そこから「長さ」を強化した「ボクのおなぺっと2」ときてここで原点回帰して
「小さなサイズに逆戻り」
 
「2」の長さのまま構造だけ変えれば使いやすかったのに
「なにやら中途半端」な印象がぬぐえません
 
 
 使えないことは無いので70点は超えますが、「長さ」の「2」か
「初代」「2」の良い所取りをしたタイトルで後にレビュー予定の「ZERO」
との間に挟まれているので
 

「低価格帯おなぺっとの中では一番中途半端」

な位置に収まってしまっていると言った印象ですね
 
 
 内部構造も可もなく不可も無い地味な印象
一応射精することは出来ましたが
 
 
※価格は税込みであり記事作成当時の物です
 

【オナホ レビュー】 ボクのおなぺっと3 順当に進化したのに「キツさ」が足を引っ張る!?

 
 
 
 

その外観、内観、触感

 

 その外観


 
      
 
 
 スタンダードなホールとしてよく比較に挙がる「ボルドー」が左端
初代ボクおな、ボクおな2を挟んで右端に本商品「ボクおな3」
 
「初代ボクおな」ほどではありませんが「3」になって
全長が縮んでいるのが分かりますね
 
 

 その触感:伸び、しなり


 
 
 「ボクおなシリーズ」特有の「わらび餅素材」で良く伸び、よくしなる素材
包み心地は良さそうですね
 
 
 
 

 その内観


 
 
 
こちらはボクおな2
 
 
 「ボクおな2」に比べると「狭い内部」的構造になっていますが
これが凶と出るか吉と出るか・・・
 
 

その挿入感

 
 

入口付近

 
 入口はかなり狭く、「平均より少し太め」のモノ♂を持っている管理人
から見たら「キツイ」、「うまく挿入できない」と感じました
 
 

中央部分

 
 
 四方からミチミチ・・・と攻める中央部
「キツい穴好き」ならば感動できるでしょうがせっかくの
「わらび餅」素材のメリットが殺されているかのようにも感じます
 
 

最奥部分

 
 
 最奥は「モノ♂が息継ぎするお部屋」構造では無く「徐々に狭くなる消失点構造」
ただでさえ狭いオナホなのに「息つくヒマも無く」周りから肉壁が押し寄せます
 
 
 

その射精感、イキ顔

 

  ぼひゅっ!びゅっ!びゅっ!びゅっ!


 
 
  代替テキスト  
 
 
 
 
 ここまで結構辛めに批評しましたが「狭い」オナホという事で
「搾り取るような」快感においては優れています
 
ここら辺は他のおなぺっとには無い「3」だけの特徴ですね
 
 

総評:75点

 
 
 「キツめのおなぺっと」を目指して造られた今作であるがゆえに
「モノが余裕をもって挿入できない」「せっかくの柔らか素材が絡みつかない」
というジレンマを抱えてしまう事になりました
 
 故に低価格帯「おなぺっと」の中での評価はイマイチ
 
この後にこのあたりを改善した「ZERO」が発売されたので
このホールを開発したという経緯自体は無駄にはなっていないと思います
 
刺激・・・★★★☆☆ 「おなぺっと」の中では刺激的
耐久・・・不明 購入後3か月未満
他「おなぺっと」はすぐに突き破るので
こちらもあまり期待は出来ない
肉厚・・・★★☆☆☆ 初代よりは少しだけ厚い
使いやすさ・・・★★★☆☆ 長さは使いやすいが内部がキツめのため
モノ♂が押し出されやすい
コスパ・・・★★★☆☆ TENGAよりは高いがすぐ壊れるのでそこまででも
締まり・・・★★★★☆ 小さいホールなのにキツイ
長さ・・・★★☆☆☆ 「2」より短く、初代より長い
硬さ・・・★☆☆☆☆ 特有のわらびもち素材
快感性能・・・★★☆☆☆ 「おなぺっと」の中では一番中途半端
即射性能・・・★★☆☆☆ キツい内部だがストロークしづらく、即ヌキにも向かない
空気抜き対応度・・・★★★☆☆ 空気抜きすればそれなりに密着する
 
 
 
 
 

初心者オススメ度・・・★★☆☆☆

 
 今までは「初心者にもオススメできる」と評してきた「おなぺっとシリーズ」ですが
こちらの「3」だけはちょっとモノ♂を選びます
 
良い意味でも悪い意味でも「キツい」ので
管理人より細いモノ♂の持ち主なら楽しめるかも?
 
 万人が共通して高評価を出す=初心者にもオススメなのは
「2」か「ポクおな(NLS版)」ですね
 
 

彼氏へのオススメ度・・・★★☆☆☆

 
 このホールが「男性へのプレゼント」として適しているかどうか
その判定は「オススメできない」意味での★2!!
 
 今までは「彼氏がハマりすぎて帰ってこない」可能性での★評価でしたが
「オススメできない」=「彼氏が気持ちよくなれるとは限らない」という意味での★2です
 
 結局「キツさ」がネックになって万人が気持ちよくなれる構造では無いので
こちらの「プレゼント」という意味においても「2」か「NLSコラボ版」の方が優れています
 
 「彼氏が細いかどうか」の判定には向いているホールかもしれません
 
このホールが「キツイ」と感じるなら彼氏のそれは「平均以上」
逆に「ちょうどいい」と感じるのなら「平均より細い」モノ♂の持ち主という事です
 
 
 

「ウレタンヒップ」によるオナホ固定腰振り対応パターン・・・パターンA:要補助、スッポリハマる系

 
 
管理人のライフワークと化したプレイスタイル「ウレタンヒップによる」
オナホ固定「腰振り」プレイ
 
こちらの対応パターンはAの「補助あり、スッポリハマる系」の
スタンダードホール判定!!
 
 
 
 
付属のスポンジシートや「ゆむしぃ」による補助が必要なものの
それをクリアすれば後は気兼ねなく腰を振るだけの「程よくハマる」大きさのホールです
 
 
 

電動オナホールとの互換プレイ・・・小さすぎて不可

 
 
 オナホールを固定させ「回転/ピストン」を行ってくれる電動ホール
「A10サイクロンSA」及び「NLSピストン」その専用ホールとの互換プレイは

「小さすぎて不可」判定!!

「横幅」が小さすぎるのでインナーケースにハマらず

ズリ落ちるだけなので互換プレイは諦めましょう

 

商品ページリンク

※価格は税込みであり記事作成当時の物です
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 

【オナホレビュー】ボクのおなぺっとZERO 原点回帰にて初代の完全上位互換!2018/11/13の記述

 
 今回は【個別レビュー】です
MATEから発売されている「ボクのおなぺっとシリーズ」から
「ボクのおなぺっとZERO」をレビューしていきます
 
 
 
 
           代替テキスト  ボクのおなぺっとZERO
 
 
 

簡易総評:83点

詳しいレビュー文は追記分で!
 
 
 「ボクのおなぺっと3」が「キツさ」という「相性の悪い要素」を突き詰めて
微妙な評価のホールになってしまったのを反省したのかこちらは「原典回帰」
 
「中刺激」~「まったり」寄りの刺激感であり
初代同様シンプルな「横ヒダ構造」をさらに昇華させた一品
 
「最奥」には触手的構造がニョリッと亀頭を刺激し
初代以上に射精を促す造りとなっております
 
 
 「今から」低価格帯のおなぺっとを購入する人はこちらをオススメしますね
 


※価格は税込みであり記事作成当時の物です
 

【オナホレビュー】ボクのおなぺっとZERO 原点回帰にて初代の完全上位互換!

 
 

 

 
 今回はその「ボクのおなぺっとシリーズ」から

「3」の次なんだから「4」じゃないの!?

と突っ込みたくなるようなナンバリングタイトル「ZERO」をレビューいたします
 
 

その外観、内観、触感

 

その外観

 
    
 
 
 いつもお馴染み「セブンティーンボルドー」と「NLSコラボ版」を含めた外観
 
全て「ボルドー」よりは小さいですが「初代」よりはボリューミーですね
 
 

 
 
 他の「おなぺっと」同様かなり「伸び」「しなり」において
良好な素材ですね
 

その内観

 
 
 シンプルな「横ヒダ」、余裕のある広さでモノ♂をねっとり包み込む
「初代」よりも「NLSコラボ版」に近い内部ですね
 
 
 
 当記事「ZERO」のほうがヒダが荒く
「まったり、ねっとり」と絡みつく挿入感ですね
 
間違えました、「ヒダが荒い」場合に得られる効果は逆
一つ一つのヒダのゾリゾリ感が強くなるので「刺激感が強くなる」という結果でした
 
 

その挿入感

 

入口部分

 
代替テキスト 
 
 「入口部分」は狭そうに見えてにゅるん♪とすんなりモノ♂が入る構造
「心地よさ」を重視にした入口構造ですね
 

中央部分

代替テキスト 
 
 
 2か所の【リングパール】と呼ばれる構造でキュッとアクセント的に
「締める」効果を持つ「中央部」
 
ただただ「キツかっただけ」の「ボクおな3」に比べて
「徐々に狭くなる内部」とこの「リングパールによる締め付け」
が心地よい方向、快感作用をもたらしますね
 
 

最奥部分

代替テキスト 
 
 「最奥」は徐々に狭くなる「消失点」構造
内部自体がそこまでキツくないのでここの「消失点」は
「フィニッシュ」の締めとして適当な構造
 
ほんのちょっぴりの「触手系」の構造がニョリッと撫でる事により
「快感ダメージ」を積み重ねたあなたのモノ♂に「とどめの一撃」を加えます
 
 「わらび餅的素材」故に「徐々に狭くなる構造」でありながら
「あまり高刺激になりすぎない」のもこのホールの「良き点」だと個人的には評価します
 
 

その射精感、イキ顔

 

  ぼぴゅーっ!びゅっ!ぴゅっ!ぴゅーっ!!


 
 
 
代替テキスト 
 
代替テキスト 
 
 
 
 
 
 【わらび餅】的やわらか素材と「しっかり気持ちいい内部」が奏でる

「充実した射精音」!!

 
この価格で買えるホールの中では随一の快感だと思いますね
 
 

このホールを一言で表すと?

 

  「3」の失敗を経て生まれ変わった「反省の集大成」ホール!


 
 「内部の狭さ」だけで「キツさ」を表現しようとして失敗した「3」から反省
「余裕をもって挿入できる」スペースが復活し「3」での「締まりの追求」を諦めずに
「リングパール」でのアクセント的締め付けを追求
 
 「きちんと前作の弱点を省みる」という「信用」がつまったホールでございます
 

 挿入感の擬音は?

 


 

 

 

    にょりっ・・・ちゅぽちゅぽ・・・みきゅっ


 入れた瞬間から「飲み込まれる」内部、「横ヒダ」で撫でられ
「二か所」のリングで締め付けのアクセント後「最奥」の触手でフィニッシュ!
 
 「500円台」のホールとしては限界まで構造を敷き詰めたタイトルだと思いました
 
 

他の低価格帯「おなぺっと」タイトルとの簡易比較

 
 詳しい比較記事はまた後日執筆いたしますが「おなぺっと」の中でも
「低価格帯」に位置される「初代」「1」「2」「3」と「NLSコラボ版」
との簡易比較をすると
 
 「初代」と「やや失敗作」とする「3」と比べると「完全上位互換」であり
「長さ」を持つ「2」と比べるとどちらもそれぞれの優位点がある「相互互換」
 
類似構造の「NLSコラボ版」とくらべるとこちらの方がやや「高刺激」という感想ですね
 
 
 
 

総評:83点

 
 
刺激・・・★★★☆☆   「中刺激」判定
耐久・・・不明  購入後三か月未満。他のタイトルはすぐ突き破りました
肉厚・・・★★☆☆☆  値段相応の薄さ
使いやすさ・・・★★★★☆ 使いやすい長さ
コスパ・・・★★★★☆ 「初代」と同じ値段で初代より気持ちいい!
締まり・・・★★★☆☆ 標準的 
長さ・・・★★☆☆☆  値段相応の小さく、短いホール(13.8cm)
硬さ・・・★☆☆☆☆  シリーズ特有の「わらび餅素材」
快感性能・・・★★★★☆  かなり高い快感性能
速射性能・・・★☆☆☆☆ 「即ヌキ」には向かない
空気抜き対応度・・・★★★★☆  「空気抜き」を行いやすい「ストレート加工」
 
 
 
 

初心者オススメ度・・・★★★★★

 
 オナホを使ったことが無い人が「初めて」を捧げるのにも適したホール

「ここから」オナホと言う物の基礎、使い方などを学んで中型、大型へとシフトしていけばいいでしょう。故に「超オススメ」判定の★5!!

彼氏へのオススメ度・・・★★★★★

 
 このホールが「彼氏へのプレゼント」として適しているかどうか

その判定も「オススメ」判定の★5!!

「価格が安い」ので買った方ももらった方もそれほど苦にならず

「気もちいい」ので彼氏からは喜ばれて

「肉厚さ」が不十分なので貴女とのセックスに取って代わる事もない

まさしく「ちょっとしたプレゼント」や「仲直りの印」的な贈り物として適したホールだと思いました

「ウレタンヒップ」による「オナホ固定腰振り」対応パターン・・・パターンA:要補助、スッポリハマる系!

 
 管理人のライフスタイルと化した「ウレタンヒップ」による
「オナホ固定腰振りプレイ」の対応パターンは
 

パターンA:要補助、スッポリハマる系

 
 
 
        代替テキスト
 
 
 「スポンジシート」や「ゆむしぃの外部パーツ」で補助が必要な物の
「奥まで押し込んでスッポリハメられる」スタンダードな大きさ、長さのホールの固定パターン
 
 非常に使いやすく、気兼ねなく「腰振り」が楽しめます
 
 

「電動オナホール」との互換プレイ対応パターン・・・パターンA:互換可能

 
 
 「自動的にヌいてくれる」事が魅力の「電動オナホール」の専用ホールとの互換プレイ
 

その対応パターンは「A:互換可能、スッポリハマる系」!

「A10サイクロンSA」にせよ「NLSピストン」にせよ

そのまま専用ホールと取り換えて楽しめます

が、ちょっとだけ「幅が足りない」と感じてしまうので

「底にTENGAエッグを被せる」などをしてちょっとだけ底の厚さを増やすとより「互換プレイ」がやりやすくなると思います

代替テキスト ←つまりこういう事ですね

 
※専用以外のホールでのプレイは自己責任でお願いします
 

 「A10サイクロンSA」の場合

        代替テキスト  
 
 
 写真のホールは「まだ名前がありません」
 
 
「厚さ」「長さ」ともに適当でそのまま交換してプレイが楽しめるパターン
 
写真の「まだ名前がありません」のような大きすぎず小さすぎない
スタンダードなホールがこれに該当する

 
 
 
 
 
 「NLSピストン」の場合
 
 
 
  代替テキスト   
 
 ※写真のホールは「まだ名前がありません」
 
 特に互換プレイならではの「工夫」を行う必要は無く
そのままナカに突っ込んでそのまま起動できるパターン
 
「底の構造」や「横幅」はもちろん「長さ」的にも適切な大きさのホールがこれに該当する
 

 

商品ページリンク

 
 
※価格は税込みであり記事作成当時の物です